4階病棟看護師~特定行為研修を終えて、病棟での取り組みPart.2~

こんにちは、4階病棟看護師です。
前回お話したさせていただいた、病棟での取り組みについての続きをお話をします。

創傷ケアをした患者さまの退院日が決まり、「あの処置の時に看護師さんたちに手を握ってもらって、本当に心強かった。病院にいるのは安心だから帰りたくないな」との言葉を頂き、自分たちの看護が患者さまを支援出来ていたことを実感しました。
病棟内でも患者さまの発言を共有すると、看護師も笑顔で処置の時の話を振り返ることが出来ました。

入院中の患者さまは不安や苦痛、親しい家族と離れる孤独など様々な心情で過ごされています。
傍で関わる看護師が介入出来ることは多く、患者さまの些細な変化や異常に気が付くこともできます。
患者さま達の表情も創傷もいい方向に変化することで、看護師も共に喜べる環境であり続けたいと思います。
創傷ケアを通して、皆が笑顔になる場面をもっともっと増やしていきたいです!

関連記事

  1. 心臓センター看護師~部署の強み~

  2. ICU既卒看護師~事例研究のサポートを経て感じていること~

  3. 3階病棟クラーク~2人体制になり心掛けていること~

  4. ICU看護師~学会発表への取り組み~

  5. ICU3年目看護師~3年目になり日々感じていること~

  6. 心臓センター看護師~看護師としての目標~

アーカイブ

最近の記事

2023年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930