当院のご紹介

医療法人愛心会 東宝塚さとう病院は、平成13年6月に開院し、令和3年6月に開院20周年を迎えることになりました。地域に密着し、循環器疾患を中心とした24時間体制の急性期医療を実施しています。当院では医師、看護師、コメディカルスタッフと協働し、チーム一丸となり患者さまに迅速で誠実な医療を提供できるように努めています。

病院理念

  • 心と心のふれあいを大切に社会が満足する最前の医療を行います。
  • 医療人として、社会、医療の進歩のため、自己啓発に努めます

3つのS

病院職員の医療、患者さんに対する心得としてこの3つの「S」の心を大切に、毎日の医療活動に努めます。


看護部の特徴

看護部の理念

地域住民の方々に満足していただくように愛・知・技をもって“心と心がふれあう”看護サービスを提供します。

看護の基本方針

『看護師は病院の顔である』を看護の基本方針とする

  1. 個別性を尊重したより良い看護
  2. 人間としての尊厳と権利を尊重した質の高いケア
  3. 継続教育の実践
  4. 主体性のある看護
  5. チーム医療の推進

看護部目標

〜患者満足・職員満足・組織満足の看護部運営〜

  1. 安全安心の質の高い看護の提供(患者満足)
    ①看護マニュアルの整備
    ②看護実践能力の向上
    ③看護師・看護助手・クラーク・EMTの協働
  2. 職務満足の高い、活気ある職場環境の整備と推進(職員満足)
    ①看護職員一人一人がキャリアデザインを考え、自分らしく働きながら自己実現ができる職場環境
    ②ワークライフバランスの推進
    ③時間管理による時間外勤務削減
    ④看護師の定着
  3. 健全な病院経営への積極的な参画(組織満足)
    ①適正・円滑なベッドコントロール
    ②資源の適正活用・意識改革

看護部 統括部長 山田 聡子

  • 学びほぐしとは
  • コンテンツ紹介/誕生プロセス
  • 「学びほぐし」と「やわらかい心」
  • 統括部長紹介


看護部長あいさつ

看護部長 藤木美保

看護部では、病院の理念に基づき『愛・知・技をもって 心と心がふれあう看護サービスの提供』を理念に掲げ、また、「看護師は病院の顔である」ことを看護の基本方針としています。

「心と心のふれあい」の言葉には2つの願いがあります。
一つ目は、患者さんへの声に耳を傾け気配り、思いやりの心を込めて看護ケアを提供すること、二つ目は、看護職員がパートナーシップマインド(自立・自助の心、与える心、複眼の心)を持ち、多職種と協働しながら支えあうことです。

私たち看護職は、急性期医療を担う看護を実践するためにチーム医療として多職種と協働し、治療と看護の両面から患者さんをサポートできることが重要であると思っています。
そのために、看護職員のパートナーシップマインドを育て、看護専門職としての成長や医療チームの一員として多様化、複雑化する医療に対応できる看護師育成とキャリア支援、そして働き続けられる職場環境創りを目指しています。
看護職員がお互いに支え、支えられ、『仲間』と一緒に安心して看護ができることこそチーム力と看護の力の発揮であると思います。

「看護師は病院の顔」であることを忘れず地域の皆様が住み慣れた地域で生活ができるよう看護をつなぐこと、看護職員一人ひとりが自分の看護に満足し、ここでの看護が好きと思える職場環境を創ること、これが、看護部長として私が目指す目標です。


副看護部長あいさつ

副看護部長 藤村伊順

看護部の教育専任として、主に新卒者教育支援に取り組んでいます。
病院理念をはじめ看護部理念、教育方針を大切に、組織の中で働く各々が自覚と責任、目標をもって邁進することができる環境・体制を構築していくことがとても大切だと思っています。

「看護」は、その過程において人間的に豊かな感性を育んでいけるとても素敵な職業であると思います。その患者さんやご家族の人生、ほんの一部分にすぎない時間に関わらせて頂きます。治療・生活を行う中で、師となる患者を通して臨床知を積み上げながら、今、手を差し伸べることが必要な患者さん・ご家族に対して看護職員ひとりひとりの目配り・気配り・心配りに加えて、ちょっとした言葉かけで心身に痛みを患った患者や家族に励ましと癒やし、私たちの温もりを届けることができるような人材育成に努めていきたいと思います。

副看護部長 柳靖子

看護の醍醐味は、患者さんの一番身近な支援者、擁護者として関わりが持てることです。

「患者さんひとり一人に関われる看護の楽しさを心から実感するには、看護師がひたむきに患者さまと向きあえる環境、安全に看護が提供できる職場風土、ヘルシーワークプレイスの実現です。

実現へのkeywordとして、看護職一人ひとりが「築き=これまで培ってきた看護実践を丁寧に積み重ねる」こと、「気づき=今、実践している看護、業務という仕組みのなかで良い点、改善点を察知する」ができることです。

「築き」と「気づき」から、看護のあり方を見直し、看護師ひとり一人が求める安心と安全への価値をチームで創り出し、看護部理念に掲げる心と心がふれあう看護サービスを提供し、看護の醍醐味を実感できる看護部運営に努めていきます。

副看護部長 濱田加津美

看護部理念に基づいて、看護職員が楽しく仕事ができる、いつも笑顔で対応できる、気やすく他者に話しかけることができる、そんな当たり前と思われることを当たり前にできる看護部組織でありたいと思っています。

その思いに、私は、日頃から4つの目を持つように心がけています。

 ① 鳥の目(広い視野)
 ② 魚の目(歴史・習慣などの流れを見る)
 ③ 虫の目(細部にわたってさまざまな角度から見る)
 ④ コウモリの目(物事を反対側から見る・発想の転換)

看護職員のニーズを察知し、4つの目で概念化することで、働きやすい職場環境を作り出し看護職員を守る。そして患者を守ることにつながると考えています。

患者さんにとって、ご家族にとって、心と心がふれあう看護サービスが提供できるように、心理的安全性が高い職場環境が醸成されるよう努めていきます。