看護師は病院の顔

その “誇り” の裏付けとなる充実した教育制度を展開しています

自分も相手も大切にする、いつ誰にでも温かい言葉かけと、心・手の温もりをさしのべて寄り添える看護師を育成したい・・・
“心と心のふれあいを大切に” する当院の看護職員たちが築きあげた新人看護師にとって、魅力的な職場環境を提供します。

看護教育

看護実践教育

当院では看護職員の能力開発システムとして当院看護部独自の段階別看護実践教育計画を導入しています。人材育成に重点を置き、看護実践能力を育成するとともに一人ひとりの目標を明確にし、看護の現場での経験を積み重ねながらステップアップできる教育プログラムです。
看護師免許取得1年目から4年目までは段階別の研修計画、5年目以上は中堅看護師に分類し「自由選択式研修」を行なっています。

ビギナーズ研修計画

中堅看護師研修計画

当院では2018年より中堅看護師(卒後5年目以上)対象に『自由選択式研修』を開催しています。中堅看護師が看護師としての目標を見出し自己のキャリアデザインを描くことができることを目的に、多岐にわたる内容の研修計画を立てています。研修は師長・認定看護師が講師となり勤務時間内に研修を受けることができるように設定されています。

新人看護教育

新卒看護師教育支援制度(ももくり会)

「ももくり会」は看護部全職員を指します。1人ひとりが「ももくり会」の一員で新卒看護師の支援者となります。ジェネラリスト育成教育過程までの5年教育プログラムにおいて、新卒看護師は「ビギナーズ」として位置づけられ、自分自身で主体的に学びながらステップアップしていける環境が整えられています。

新卒看護師の教育に関わるのは
* 教育企画室(教育専任師長・臨床教育担当師長・新卒看護師教育支援の看護部クラーク)
* 各部署:①教育担当者と実地指導者の配置 ②プリセプター制度

新卒看護師教育支援ロールモデル

4月5月6月7月8月9月10月