ICU看護師~呼吸ケアチームでの取り組み~

こんにちは。
ICUの敏腕ナースです。
秋を感じる季節になりましたね。
さとう病院に就職して早2年半が経ちました。
コロナウイルスが流行り、趣味の海外旅行にも行けない日々を送っております。

さて本題に入りますが、私はICU所属で呼吸ケアチームのリーダーをしています。
ICUには人工呼吸器を装着した患者さんがたくさんいます。
装着期間が長くなると、デメリットがたくさん出てくるため、呼吸ケアチームを中心に日々カンファレンスを行い、1日でも早く呼吸器が離脱できるよう取り組んでいます。
呼吸器を離脱して声をだせるようになった患者さんや、気管切開後でもリハビリが進みできることがどんどん増えていく患者さんをみると、呼吸ケアチームに所属していて良かったな~と思います。

これから冬本番ですね!お鍋の季節到来です!
みなさん体調に気を付けて、コロナウイルスに負けずがんばりましょう!

ICU看護師~アセスメント力を身につけ日々頑張ります!~

こんにちは!ICU2年目看護師です。
最近は気温が下がって過ごしやすくなり、私は食欲の秋を楽しんでいます。

2年目になり、まだまだ指導をして頂きながらですが、最近は術直後の患者さんを受け持つようになりました。
1年前の自分からは想像もつきません!

術直後の患者さんは、細かな循環・呼吸・全身の管理が重要であり、変化にすぐ気づける観察力が必要となってきます。
集中治療室に帰室後、すぐに呼吸は問題ないか、循環は大丈夫か、という迅速評価をしていきます。
最初はなかなか上手くいかずに先輩と振り返りをして課題を明確にし、次回はその課題達成に向けてシミュレーションを行い自立に向けて日々奮闘しています。
何度か行ってきた今でも課題は沢山あります。

普段思い返すことはありませんが、今思えば患者さんのアセスメント方法など全て1年目の研修で学んできたことであり、その応用だなと思います。
以前、先輩看護師が「学んできたことが繋がるときが来る。それが分かってくるともっと楽しくなるよ」と話していたことを思いだしました。
私にはまだまだ繋がりが見えてきませんが、先輩と振り返りを行うことで、「なるほど!そういうことだったのか」と思うことが多々あります。
毎日のその積み重ねが大事だなと日々実感しています。
患者さんを受け持つなかでアセスメント力を身につけ、いつか先輩みたいに「楽しい!!」と思えるようになりたい!と思いながら日々勉強しています。

これから冬に向けて忙しくなると思いますが、友達と遊んだり美味しい物を食べたりしてリフレッシュしながら頑張りたいと思います。

ICU看護師~何事にもチャレンジしていきます!~

こんにちは。ICU看護師です。
ブログご覧頂きありがとうございます。

私の趣味は岩を登ることなのですが、ルートを一見して「いまの自分には無理だ。」「別にできなくても…」ということが何度もあります。
そんな時に大切にしていることは、やってみることです。
確かに「いまは無理」に間違いなくても、チャレンジすることで、なんで無理なのか?何が足りないのか?を体験できますし、逆に部分的であっても意外とできたりすることもあります。

看護においても、自信がないことは沢山ありますが先輩方の指導・フォローを受けながら、やってみることを大切にしています。

ICUでは学びの機会が沢山ありますし、一緒に考えてくれるスタッフがいます。
スキルアップ・ステップアップをしたい方、循環器領域に興味のある方はぜひ、病院見学に来て下さい。
お待ちしております。

ICU看護師~家族看護に対する学び~

こんにちは、ICU看護師です!
さとう病院に就職させてもらって早くも3年が経ち、今はICUの「家族看護チーム」に所属させもらっています。
最近は日々の勤務リーダーも始めさせてもらっています。

私は以前病棟で働いていて、すごく患者様や家族様とコミュニケーションを図ることが大好きでした。
しかしICUにきて最初の面会で感じたことは「こんな重症な患者様を持つ家族様になんて声をかけたらいいんだろう・・・」でした。
自分がそういう立場にもなっていないので家族がどんな気持ちなのか、想像することもできず家族対応にすごく迷った日々をすごく覚えています。

しかしそんな悩みを先輩方に話したり、面会前に先輩にアドバイスを求めたりすると必ず面会時には一緒に対応してくれました。
そんな先輩方の家族と話す姿を見ていく上で、「家族の気持ちは家族に聞かないとわからないし、一つ一つの言葉になんでそう思うのかと掘り下げることで本当の思いが見えるんだ。」とすごく感じるようになりました。
それからは患者樣や家族樣に対してすごく積極的に声かけができるようになり、「家族看護」にすごくやりがいや興味がどんどん沸いています。

最近、日々の勤務リーダーを始めさせてもらっていますが、ケアについて考えるときも「患者自身の思いはどうか」「家族の思いはどうか」という視点は必ず忘れず大切にしていきたいと思っています。
先輩方をみていると「こんなに情報や知識をたくさん持っていてすごいな。こんなに迅速な対応を素早くできてすごいな。」と感じる場面がたくさんあります。
そんな先輩方の姿をみてこれからも成長していきたいと思いますが今、現段階で私がリーダーとして(もちろんメンバーとしてでもですが・・・)できることは、必ず1回全員の患者様と声をかわし、コミュニケーションを図ること、患者様の思いや家族樣の思いが置いて行かれないようにメンバーや他職種とディスカッションすることだと思っています。

ICUは先輩・後輩含めていろんなスタッフから看護感について学ばせてもらえる、とてもいい職場だと日々感じています。
どんなに忙しくても、こちらが学ぶ姿勢があれば絶対に向き合ってくれる先輩方ばかりです。
これからも「ICU看護」「家族看護」についてたくさん学ばせていただき、成長していけるように頑張りたいと思います!!

ICU3年目看護師~信頼関係が構築できるよう奮闘中~

こんにちは。
2月からICUに配属になった3年目の看護師です。

ICUに配属となり半年が経ちましたが、まだまだ慣れないことや知らないことが多く、大変だなと思うこともありますが、先輩方の優しいご指導や同期、後輩のサポートにより徐々に慣れつつあるなと感じています。

そんな私は異動前は一般病棟で2年間勤めていました。
その時、自分が常に心掛けていたことがあります。
それは患者さんに名前を覚えていただくことです。
患者さんと会話をするのが好きな私は、一般病棟で勤めていた時、患者さんの病室を訪室した際に日常会話などでコミュケーションを取り、よく名前を覚えてもらうことが多かったです。

しかし、ICUでは術後で鎮静をかけている患者さんや挿管中で伝えたいことが伝えづらい患者さんなど、コミュニケーションが困難な患者さんがたくさんいらっしゃいます。
患者さんに名前を覚えてもらうにはどうしたら良いか考えた結果、質の高い看護を提供し、この看護師なら安心して任せられると信頼関係を築くことがICUではとても重要なのだと考えました。
自分で話すことが困難な患者さんと「あの時の看護師さんね。」と笑顔で会話できるように日々勉強し、信頼関係が構築できるように頑張りたいと思います!