ER/OR~部署の強みを紹介します~

こんにちは。
ER/ORの看護師です。
今回は“ER/ORの部署の強み”をご紹介します!

ER/ORは救急処置室・手術室・カテーテル室が1つの部署であり看護師・救急救命士・看護助手・クラーク、計33名で日々、命の危機が迫る状況に一丸となって立ち向かっています。

ER/ORの部署の強みは…
★救急車到着から救命処置、そして緊急の場合は迅速に手術・カテーテルができる!
★ERからオペ室・カテ室まで同じ部署の看護師が一貫して関われる!
★救命のために他職種と協働することで“チーム医療”を実感できる!
★術中だけでなく術前・術後も患者、家族様と関われる!

例えばですが以前、救急車で運ばれた患者様が緊急の手術が必要になった事例がありました。
救急処置室で対応した私は一緒に手術室へ行き、患者様が麻酔で眠るその瞬間まで側にいれたこと、そして手術の数日後、患者様の元に訪室した時、「救急の看護師さん、私手術上手くいったの、ありがとうね」とおっしゃられました。

患者、家族様の「痛い・しんどい・怖い・苦しい」その感情があふれ出る瞬間に共に立ち向かい、乗り越える事ができた喜びが、私のER/ORの看護師で良かったと思う瞬間でした。
そこにはスタッフ一人一人の想いとチーム医療が発揮されてこそです。
当院のような3つの部門が1つの部署であることは珍しいため、当院のER/ORのスタッフにしかできない関わり、そして看護が実感できる!
これが、部署の大きな強みであると感じます。

ER/ORをもっと知りたいという方はいつでも見学&インターンシップにいらしてくださいね♪

3階病棟助手・クラーク~休日の過ごし方~

こんにちは。
3階病棟の助手とクラークです。
3階病棟は循環器内科の病棟です。
若い患者様も多く患者様とのコミュニケーションがとれるのも楽しみの1つです。
看護師さん達も若い方が多く、とても話しやすくて働きやすい職場です。
働きやすい職場だからこそ看護師・助手・クラークの連携が図れるのが良いところです。
看護助手・クラークに興味がある方はぜひ病院見学へお越し下さい!

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解け、少しずつ活気を取り戻しやっとお出掛けができると思ったのも束の間、第2波がやってきてしまいましたね。
今日は3階病棟の縁の下の力持ち!助手とクラークの「stayhome」休日の過ごし方をご紹介したいと思います。

A:友達とは岩盤浴や旅行とか行きたいなって話しはしてるんですが、今は電話やメールで楽しんでいます。

B:録りだめしている韓国ドラマをひたすら観てます。

C:普段より念入りに家事をこなし、プチ断捨離に挑戦していますが思いっきりがないのでなかなか進んでいないのが現実です。

D:『あつまれどうぶつの森』をしています。
元々スイッチの機器も持っていなかったのですが、あつ森をする為に購入しました!
自分の島をおしゃれにできるように少しずつですが頑張っています。

E:料理が好きなので1週間分の献立を考えて買い出し、作ってます。
最近はパンナコッタ、バースデーケーキなどお菓子作りにはまっています。

それぞれ色んな工夫をして休日を過ごしています。
皆さんもコロナに負けないよう体には気をつけてお過ごし下さい。

心臓センタークラーク~コミュニケーションを大切にしています~

こんにちは。
心臓センターのクラークです。
10月になり暑さも和らぎ、過ごしやすい季節になりましたね。
季節の変わり目は体調を崩しやすいと言いますので今まで以上に手洗いや感染対策を行っていこうと思います!

さて今回は病棟クラークの業務内容を紹介したいと思います。
病棟クラークは入院迎え、翌日の検査の案内やカテーテル治療を受けられる方の案内など患者様と関わる機会が多くあります。
心臓センターは循環器内科病棟で主に心臓のカテーテル検査や治療を受けられる患者様が多いため、カテーテル前のオリエンテーション、当日のカテーテルの出棟や術後のベッド作成などもクラークの仕事として確立しています。
術前の不安が少しでも減るように、オリエンテーションではわかりやすく丁寧な説明を心がけています。

クラークはケアや業務が多岐に渡る看護師さんを支える仕事でもあるので看護師さんとのコミュニケーションも大切にしています。
クラークでできることは積極的に行い少しでも働きやすい環境になるように務めていきたいと思っています。
患者様や一緒に働いているスタッフから「ありがとう」「クラークさんがいてくれて助かった」などの声をかけてもらうと仕事のやりがいを感じます。
これからも丁寧な対応や笑顔を心がけて患者様やスタッフと関わっていきたいと思います。

5階病棟~夏の飾りつけ~

こんにちは、5階病棟看護助手です。
毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか。
例年であれば、お盆や夏休みに田舎へ帰省されていたかと思います。
しかし、今年はコロナウイルスにより帰省予定を取りやめた方も多いのではないでしょうか?

5階病棟では毎年8月頃にサマーコンサートを行っています。
準備として家族の方や他の病棟の患者様にも声を掛けて参加してもらい喜ばれている様子に、こちらまで嬉しい気持ちになっています。
ですが、今年はコロナウイルスが流行し行事が中止になってしまいました。
5階で療養されている患者様はコロナウイルスに伴う自粛に関わらず外出や外泊ができない患者様が多いので、5階病棟では季節に応じた病棟内の飾り付けをしています。

夏は風鈴や花火などの飾りをしましたので紹介しますね。
各季節の飾り付けは、全てスタッフの手作りです。
患者様に喜んでもらえるよう気持ちを込めて作成しています。
皆さんも季節にちなんだ物を作成してみてはいかがでしょうか?

4階病棟~創傷管理に力を入れています~

こんにちは。
4階病棟の副師長です。

4階病棟では術後の創傷管理に力を入れています。
術後の創傷の経過はどのように辿っていくのか、創傷の被覆材はどのように選択していくのか、感染徴候のある創傷に対してどうするのか、創が治りにくい患者さまの背景は…など日々メンバーとディスカッションしながら創傷管理をしています。
創が感染を起こすと、入院期間が長くなり、患者さまにも負担が生じてしまいます。
早期退院、社会復帰のためにも術後の創傷の管理はとても大切です。

4階病棟では日々創傷ラウンドを実施し、昨年作成した『創傷ケアパンフレット』を用いて患者・看護師指導をしています。
創傷ラウンドを始めて、医師からも創傷に関する記載がよく書けており把握しやすい!とお褒めのお言葉を頂きました。
創傷は奥が深いですが分かってくると楽しく、創傷の経過に難渋した患者さまも綺麗に完治し退院できるときは本当に嬉しく、やりがいを感じます(*^_^*)

創傷に興味のある方、一緒に働いてみませんか?