4階病棟~HPNコーディネーターについて~

こんにちは。4階病棟看護師です。
今年から外科の先生と共に、HPNコーディネーターとして看護師が役割発揮できるよう企画を立ち上げました。

4階病棟は心臓血管外科と消化器外科の患者さんがおり、消化器外科の患者さんには、ポートを植え込み自宅退院後に自分で栄養管理を必要とする方がいます。
患者・家族さんが安心して退院後に自分たちで栄養管理ができるよう、清潔操作や薬剤管理について分かりやすく説明することが必要です。
この取り組みをまとめてHPNコーディネートといい、今回は現在の取り組みについてお話しします。

経口での栄養摂取が困難な患者さんに対し、胃瘻もしくはポート管理を指導します。
退院先で高カロリー輸液を投与するために、清潔にポート針を取り扱うこと、在宅用輸液ポンプの使い方、薬剤の開封方法など段階追って説明します。
患者・家族さんたちは「針なんか刺せない。怖い!!」と苦手意識のある人から「こうですよね、えい!!」と容易にできる方もいます。
生活環境に合わせた指導は大変ですが工夫次第で可能なこともあり、「おかげさまで念願の自宅退院ができるようになった。ありがとう」と喜ばれることが一番介入して良かったなと思う瞬間です。

表では嬉しい反面、裏では準備が大変です。
医師と退院後の栄養状態管理について調整、患者さんの自宅近くの調剤薬局の選定や薬剤の調整、訪問看護など介護サービスの関係者との調整や清潔物品の調達方法の確認など、多くの専門分野との調整・協力が必要です。
病棟看護師だけでは限界もあり各部署に声をかけ、快く皆様が力を貸してくださることになりました。

先月キックオフカンファレンスも開き、HPN管理について意識統一を図りました。
今後は円滑に且つ専門性・個別性のある退院指導ができるよう、HPNコーディネーターとして東宝塚さとう病院のチーム医療を十分発揮できるよう取り組む予定です。

4階病棟~家族支援チームとしての働きかけ~

こんにちは。4階病棟看護師です。
当院では家族支援チームが発足されており、各部署から1~2名代表で各月1回集まっています。
会議の内容としては、部署での困っている症例や振り返りたい症例など部署間で情報共有・意見交換を行っています。
部署での悩み事は他部署での悩み事でもあり、共有や意見交換を行う中で、患者だけではなく家族との関わり方について1つ1つ症例を振り返ることで学びになっています。

そこで…
4階病棟のスタッフは比較的家族さまとの関わりを自ら進んでするスタッフが多いと一緒に働く中で感じています。
看護を行う中で患者さまとの関わりはもちろん、家族さまとの関わりは切っても切れない存在です。
家族さまの抱えている不安や悩みを看護師として親身になって言葉掛けが出来るようにスタッフへの支援も気合いが入っています。

現在、コロナの影響で家族さまの面会が禁止になっています。
その中で家族さまとお話しをする機会は減っていますが、荷物の受け渡しの時や日頃の様子を電話で連絡をしたり、Face Timeでやり取りをしたりと工夫している点は多いです。
部署のスタッフがこれからも家族支援に自身を持って介入出来るように、家族支援チームとして部署でのバックアップをしていこうと思います。

看護にあつい!看護が好き!看護にやりがいを感じる!をモットーに患者・家族が少しでも安心した入院生活を送れるように看護師として働きかけすることが私もやりがいでもあるので頑張っていきたいと思います。

4階病棟1年目看護師~同期に恵まれています!~

こんにちは。
4階病棟の看護師です。

入職して5ヶ月、自分で考えて行動しなければいけないことも増えてきて大変ですが、できることも増えてきて毎日楽しいです。
毎日楽しく仕事ができていることの一つに同期の存在が大きく関わっていると思います。 私の配属先の4階病棟には4人の同期がいます。

入職した当時から先輩方に、同期は大切にしなさいとよく言われていました。
入職したての頃は自分のことで精一杯でその意味をあまり深く考えられなかったですが、今となってはその言葉の意味が良く分かります。
例えば、同じ日に同期が出勤しているだけで安心しますし、何か壁にぶつかった時は互いに励まし合って今まで5ヶ月間頑張って来れました。
これからも4人で力を合わせて一緒に成長していきます。

コロナウイルス対策~私達にできること~

こんにちは。
今年に入ってからはコロナウイルスのため外出する機会も減りましたね。
いつ終息を迎えるかも分からないコロナウイルス対策ですが、病院勤務の私達看護助手は日頃から手洗い、うがい、マスク、ゴーグルといった防護対策と環境整備に力をいれています。
患者様・スタッフが共有する箇所や外来のソファ、手すりなどを中心に看護助手みんなで毎日清掃を行い、感染防止に努めています。

一日も早くコロナウイルスが終息することを願いながら患者様に安心安楽な入院生活を送って頂けるよう看護師と連携し日々奮闘しています。

4階病棟看護師~短期異動の学び~

こんにちは。
4階病棟の管理職です。

5月~7月の3ヶ月間、心臓外科病棟から循環器内科病棟に管理部隊1名・実践部隊1名が短期異動してきました。
目的は、①急性期病棟の看護の統一 ②管理職・スタッフ育成です。
5月は情報収集に徹し、クロスSWOT分析・二次元展開法を用いて課題抽出をしました。
6月・7月は課題に対する取り組みが達成できるように、管理職を巻き込み実践しました。
取り組みを行う中で自分の思い描いているシナリオをいかに理解してもらうか、行動に移してもらえるか、とても考え話しをしました。

今回の異動では、いかに推進力を増やし巻き込めるかがKeyになると学びました。
推進力は1人でも多いに越したことはありません。
日頃のコミュニケーションから信頼関係を築き上げ、協働した取り組みが出来るように口説く手法も学ぶこともできたと思います。
管理部隊・実戦部隊、共に目標達成です!

内科病棟の皆様、3ヶ月の間とても楽しく仕事をすることができました。
ありがとうございました!
最後に短期異動することで視野・視座・視点が広がり、学びが大きい3ヶ月でした。
3ヶ月やりきったと達成感にも繋がり、異動者同士で労っています。
不在中、部署を守ってくれたスタッフの皆様に感謝です。
ありがとうございました!