3階病棟1年目看護師~私達の看護師像~

こんにちは。
今年入職してきた新人看護師です。
私達にはなりたい看護師像があります。

A・M 「信頼をおいてもらえる看護師」
H・S 「ひとりひとりの患者様と向き合える看護師」

国試に合格し晴れて看護師となれた今年の春、入職してからちゃんと患者さんの看護をしていけるのか不安でした。
しかし、当院では右も左もわからない私達が基礎を学んでから病棟に上がれるよう、1ヶ月間は研修期間を設けて下さるので、安心して病棟に上がらせて頂きました。
病棟では先輩方指導の元、技術習得から始まり、徐々に患者さんの受け持ちをさせて頂いています。
毎月の課題を実践しながら、月々に決められた疾患の患者さんの受け持ちをさせて頂き、疾患とその看護について学んでいるところです。

「看護」という職業は人の命に関わることなので、焦ったときの対処や先々に起こりうるであろうリスクの予測、安全・安楽を守れるように常に神経を張っていないといけないのに、なかなかそれが難しい私達は自己の振り返りを行い、自己の傾向を知った上で、それに対する対策を考えながら自分との悪戦苦闘する日々です。
落ち込み、悩むことも多い時期ではありますが、先輩方は決して見捨てず、勉強面もメンタル面もフォローして下さり、私達それぞれの成長具合に合わせて次の課題を組んで下さります。

そのおかげで、それぞれが日々成長を感じながら看護を実践することができています。
この先も、躓いたり、壁に当たったりと悩むことも沢山あるとは思いますが、初心に戻り、自分のなりたい看護師像を忘れずに、患者さんの安全・安楽を守りながら看護を実践し成長していきたいと思います。

3階病棟助手・クラーク~休日の過ごし方~

こんにちは。
3階病棟の助手とクラークです。
3階病棟は循環器内科の病棟です。
若い患者様も多く患者様とのコミュニケーションがとれるのも楽しみの1つです。
看護師さん達も若い方が多く、とても話しやすくて働きやすい職場です。
働きやすい職場だからこそ看護師・助手・クラークの連携が図れるのが良いところです。
看護助手・クラークに興味がある方はぜひ病院見学へお越し下さい!

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解け、少しずつ活気を取り戻しやっとお出掛けができると思ったのも束の間、第2波がやってきてしまいましたね。
今日は3階病棟の縁の下の力持ち!助手とクラークの「stayhome」休日の過ごし方をご紹介したいと思います。

A:友達とは岩盤浴や旅行とか行きたいなって話しはしてるんですが、今は電話やメールで楽しんでいます。

B:録りだめしている韓国ドラマをひたすら観てます。

C:普段より念入りに家事をこなし、プチ断捨離に挑戦していますが思いっきりがないのでなかなか進んでいないのが現実です。

D:『あつまれどうぶつの森』をしています。
元々スイッチの機器も持っていなかったのですが、あつ森をする為に購入しました!
自分の島をおしゃれにできるように少しずつですが頑張っています。

E:料理が好きなので1週間分の献立を考えて買い出し、作ってます。
最近はパンナコッタ、バースデーケーキなどお菓子作りにはまっています。

それぞれ色んな工夫をして休日を過ごしています。
皆さんもコロナに負けないよう体には気をつけてお過ごし下さい。

3階病棟クラーク~オリエンテーションを行う上で心掛けていること~

こんにちは!3階病棟クラークです(^^)
2020年がスタートしもう半年が過ぎました。
梅雨も明けいよいよ暑い夏がやってきますね!

今回は3階病棟のクラーク業務について少しご紹介します。
3階病棟では主にカテーテル治療をする方が多く入院してきます。
その際クラークがカテーテルのオリエンテーションをしています。

私がオリエンテーションを実施する時に気を付けている2点をご紹介したいと思います!
まず1つ目は患者さんが分かりやすいように丁寧に説明します。
2つ目は耳が遠い患者さんもいらっしゃるので大きな声で案内する様に心がけています。

最初の時はどのように説明したら伝わるか、不安な気持ちの方が大きかったですが、沢山していくうちその気持ちは無くなり余裕を持って患者さんに説明できるようになりました。
今年は1人後輩も入ってきて私も先輩になりました。
直接指導はしていませんがお手本となれるように業務をしていきたいです。

3階病棟新卒教育担当者~より良い看護を~

こんにちは、3階病棟の新卒教育担当者です。

当病棟には4人の新卒看護師が配属され、日々奮闘中です。
4月の入職から早いもので8ヵ月が経ちました。
先日からは実地指導者と共に受け持ち患者様の計画見直しやサマリーの記載を行っています。
もともと入職時から「患者様に最善のケアを行いたい。」「退院まで見越した関わりがしたい。」など意欲的な4人で、日々、患者様の情報収集を行い、この人にはどんなケアが良いか指導者と共に一生懸命考えています。

その一環として先輩から死生観やACPについても学んでいます。
ACPとはアドバンスケアプランニングの略で「人生会議」とも呼ばれており、もしもの時に備えて受けたいケアや医療について等、患者自身の思いを家族や医療者と話合っておくことです。
最近、吉本芸人のポスターで話題になったのでご存じな方も多くなったのではないでしょうか?
しかしながら、今回のポスターでも様々な意見が出たようにデリケートな内容だけに一般の方々にどのように説明して関わっていくか難しく、私達も日々学習しています。

新人看護師のフレッシュな意見と経験豊富な先輩方の意見、そして看護師以外の職種とも連携し患者様により良い看護ができるよう頑張っていきたいと思います。

3階病棟クラーク~新人指導をする立場になり考えること~

こんにちは!!
3階病棟クラークです(^^)/

今年の3月にERから部署異動をして、病棟で日々業務を行っています。
異動と同時期に新人指導も任される立場になり、最初は新しい部署の業務を行いながら、指導と両立できるか不安でしたが、先輩や同期が、気にかけてくれて相談しやすい環境なので、スムーズにこなすことができています。

指導をする立場になり、どのように説明したらわかりやすいのかということと、仕事をする上で患者様とのコミュニケーションは必要不可欠になるので丁寧な言葉遣いにも、気をつけて指導を行いました。
今では1人立ちをし、安心して業務を任せることができています。
同じ部署に配属となったため、クラーク2人体制で業務分担をしており、忙しい部署ですが協力して楽しく仕事をすることができています。

プライベートでは、最近犬を飼い始めました(^^)
まだ子犬なのでやんちゃで手を焼いていますが、仕事の帰りを待っている姿を見ると癒やされます。
散歩に行けるようになったら、ドッグランなどに連れていきたいと思っています♪

これからもリフレッシュしながら、仕事をしオンオフ切り替えて充実した日々を送っていきたいと思います。