心臓センター~新卒教育担当者として~

こんにちは、当病棟の新卒教育担当看護師です。

コロナ禍での新人教育について記載したいと思います。
昨今の社会情勢の影響により学生時代も十分に実習を受けることができず、臨床の現場をあまり経験することなく看護師になっているという状況の新人看護師も中にはいる状況です。
不安と緊張の中、慣れない社会人生活を送っていると思います。
そんな新人看護師の不安を少しでも解消できるように、心臓センターではパートナーシップナーシング(PNS)を心臓センター流に変更し、運用していく予定にしています。
従来ならある程度、仕事ができるようになれば一人で受け持ちをしていたのですが、PNSで常に身近に相談できる人がいることで、タイムリーに相談することができ、患者の疾患理解や情報整理の向上に繋がることを期待しています。
またパートナーを尊重する気持ちやパートナーシップを発揮しやすい環境になることを期待しています。
新人が伸び伸び成長できるような環境を提供し、今年度も新人教育を担当していきたいと思います。

ER/OR~2021年度部署目標~

こんにちは、ER/ORの看護管理者です。

今回は当部署について、今年度の部署目標についてお話します。
ER/ORは、ER・心臓カテーテル室・手術室・中材の業務が中心です。
構成員は、看護師、救命救急士、看護助手、クラークであり、総勢32名です。2021年の部署目標は、「The!3rd Stage 看護のバトンを繋ぐ」としました。
ここに至った経緯としては・・・
◆2019年 ERとORの合併を機に部署改革に取り組んだ。
患者訪問を開始、患者との対話を通して、継続看護の視野をもつことができました。
◆2020年 看護のバトンを持つ患者訪問が定着、以前より個別性を見出すことができ、継続看護の視野が広がりました。
◆2021年 The!3rd Stage 看護のバトンを繋ぐ 社会復帰を視野に入れた術中看護を多部署へ伝える事ができるよう活動する。

3年に渡りステップアップ方式で部署目標もパワーアップしています。
術中看護だけにとらわれず、患者の経過と共にER/OR視点で患者さんが安心・安全に社会復帰できるよう病棟と連携を図ることができればと思っています。
最後に・・・術中看護ができる唯一の部署となります。
一度、病院見学来られませんか?いつでもお待ちしています(^^)

4階病棟看護師~さとう病院で働き日々感じること~

こんにちは、4階病棟のパート看護師です。
家族の転勤で兵庫県に住み、 既卒入職でさとう病院に勤め4年目になりました。
今回は、さとう病院で働き、日々感じていることをお話したいと思います。

働き始めてすぐに、スタッフの方が患者様の気持ちになって接している姿勢に、『さとう病院が1番だなぁ』と感じました。
その中でも私が主にやっている清潔ケアでは、オムツの使用方法についてメーカーの講習会をほとんどの方が受講し、その後も定期的に手技を確認しています。
忙しい中でも清潔ケアをしっかり行い、皮膚トラブルの予防、早期発見に力を入れている姿には驚きでした。
全身の保湿は病気の治療より優先されないことがありますが、保湿は毎日数回行います。
気になる皮膚トラブルを伝えると、受け持ち看護師、リーダー看護師がすぐに対処して一緒に考えてくれます。
今後も、日々患者さんの変化に気づけるよう観察、ケアを継続していきたいと思います。

5階病棟看護師~オンライン面会について~

こんにちは!5階病棟の看護師です。

今年も昨年に引き続き、コロナの蔓延により当病院も面会制限があり、実際に患者様とご家族様が会うことは難しい状況です。
しかし、当院ではオンライン面会を導入しており、画面越しではありますが直接お顔を見ながらお話をする事ができています。
お話をするだけではなく、自宅の様子やペットの様子をみて喜んだり懐かしんでいる患者様もいらっしゃいます。

先日は、ご家族様の結婚式をベッド上からリモート形式で参加する事が実現できました。
新郎新婦より患者様に感謝の言葉を送られたり、結婚式に集まったご家族様とお話されたりと充実した時間を過ごされ、ご家族様、患者様ともに大変喜ばれていました。

まだまだ行動制限がされる世の中ですが、5階病棟では飾り付けやレクリエーションを行う事で室内でも刺激的な日々が送れるよう工夫をしています。
コロナウイルスが終息し、患者様とご家族様が直接お会いできる日が少しでも早く来ることを心より願っています。

ICU5年目看護師~指導者と同期とわたし~

こんにちは、ICU5年目の看護師です。
新人看護師として当院に入職し、もう5年目になるんだなと、後輩が増えてきたこの頃、感じるようになりました。

循環器に特化した病院ですが、ICUには開心術直後の患者様や重症心不全・AMI患者様など、重症な患者様が常に入室されます 。
既往歴や持参薬などから患者様の背景を知り、様々な検査データから状態のアセスメントを行い、記録やプランなどから継続した日々の看護ケアに繋げています。
勉強することは多岐にわたり大変ですが、その分日々の学びを得て、自分の成長を実感することができています。
4年間ICUにいる私ですが、常に新たな学びを習得している毎日です 。
今回は、私達を育てて下さった認定看護師の先輩についてお話をしたいと思います。
先輩は、物事と丁寧に向き合い、1つ1つ考える大切さを教えてくれました。 患者様が良くなるために今すべきことはなにかを常に考える先輩の姿をずっと傍で見てきました。
時には厳しい指導を受け、涙し、ここではやっていけないかもしれないと感じた日も正直少なからずありました。
それでも、ここまでやってこれたのは、ON・OFFを切り換えて接してくれたり、自分達の成長のために、部署のスタッフを巻き込んで、挑戦する機会を常に作ってくれたことにあります。
私にとって本当にあこがれの先輩です。
本当にありがとうございました。

ICUで働きたいけど、忙しそう!知識を求められることが多そう! と、よく聴きます。。でも、大丈夫!
ICUが気になる方、是非来てください!やる気があれば、必ず成長できますよ! 待っています☆