4階病棟看護師~特定行為研修を終えて、病棟での取り組みPart.1~

こんにちは、私は当院の4階病棟で働いています。

4階病棟は主に外科病棟として、心臓血管外科・消化器外科の患者さまの周手術期看護に携わっています。

昨年、特定行為研修を受講し、創傷管理の壊死組織の除去と陰圧閉鎖療法を学びました。
研修を終えて、現在病棟での創傷管理向上に努めています。
以前、大腿に術後創傷のある患者さまに関わりました。
創部に発赤と浸出液を認め、医師の診察後、切開処置が行われました。
処置の間、1人の看護師は痛みと不安に耐える患者さまの手を握り、もう1人は処置の介助につきながら患者さまに声をかけ励まし関りました。

処置後はガーゼ固定をしていましたが、日常生活を送る上で「歩くとすぐテープが剥がれてしまう」と困っていることから、歩行に支障がなくガーゼが固定できる方法を皆で検討し伸縮ネットに変更しました。
すると「これは歩きやすく安心だね」と患者さまに笑顔が見られ、今まで病室の中だけで生活していた患者さまが、病棟廊下を元気に歩く姿を拝見できるまで回復されました。

創傷ケア中に「傷はよくなっているのかな?」と心配された際には、観察した創部の状態を説明・共有し、「よくなっているなら良かった。また心配だから、見に来てね」と看護師による観察で安心される姿がありました。

患者さまの退院日が決まった時のお話をさせていただきたいのですが長くなるので、続きは次回お話させていただきます。

関連記事

  1. ICU看護師~摂食・嚥下チームについて~

  2. 4階病棟看護師~チームリーダーとしての意気込みについて~

  3. ICU既卒看護師~事例研究のサポートを経て感じていること~

  4. 3階病棟看護助手~看護助手の新たな挑戦~

  5. ICU3年目看護師~3年目になり日々感じていること~

  6. ICU2年目看護師~自身の看護観を大切に~

アーカイブ

最近の記事

2023年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930