4階病棟看護師~当病棟の消化器専門チームの紹介part2~

こんにちは!4階の消化器専門チームです!
前回は消化器チームがどのようなことを行っているのかを大まかに説明させていただいたので、今回はストーマ管理についてお話したいと思います!

ストーマを造設する疾患といえば、大腸がんが主流と思いますが、当院は循環器専門病院です。
患者様は循環器内科や心臓血管外科の方もいます。
何が違うのかと言いますと…大腸がんの場合、事前に患者様にストーマ造設することを説明された状態で手術に臨まれます。
そして、事前にストーマ管理についての指導に入り、ストーマサイトマーキングをすることがほとんどです。
(術後、縫合不全で予期せず造設…のこともありますが…)

しかし、循環器内科や心臓血管外科疾患の場合、緊急でストーマ造設することがほとんどです。
そのため、心の準備ができないままやストーマの位置が管理しやすい位置とならないこともあります。
ここ1年、当院でストーマ造設した患者様は、循環器内科ではNOMI(非閉塞性腸間膜虚血)、心臓血管外科では、大動脈解離からの腸管壊死によるものでした。

今年の夏頃、大動脈解離からの小腸壊死で小腸ストーマを造設された患者様がいました。
初めは一時的の予定でしたが、検査の結果、永久ストーマが必要となったため、身体障害手帳の手続きやパウチ選定、ストーマ管理など、WOCナースがいない当院では、全て私たち消化器外科チームのメンバーがやらなければなりません。
仲介業者さんのお力を借りることもできましたが、コロナ禍ということで、実際に患者様のストーマの状態を見ていただくことはできないため、自分達でストーマの状態に応じたものや交換頻度、金額面などを考慮してパウチ選定をしました。
ストーマ管理の指導を継続したことで11月中旬に無事に自宅退院されました!
この経験は、私たちにとって成功体験としてモチベーションにも繋がりました!
ぜひ、私たちと一緒にこのような経験をしてみませんか?

関連記事

  1. 4階病棟看護師~患者様と心温まるお話~

  2. 4階病棟クラーク~4月に入職しました~

  3. 4階病棟3年目看護師~4階病棟へ異動して~

  4. 4階病棟看護師~ER/ORから異動し大切にしていること~

  5. 4階病棟2年目看護師~1年を振り返って~

  6. 4階病棟看護助手~やり甲斐を感じています~

アーカイブ

最近の記事

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31