心臓センター看護師~APCP=アドバンス・ケア・プランニングについて~

こんにちは、心臓センター看護師です。

今回は「ACP=アドバンス・ケア・プランニング」についてお話します。
みなさんは、もしも、自分が病気や怪我になって命が危ないかもしれない。という状況になってしまった時、誰に何を伝えたいと思いますか?
その時に、思い浮かぶ人は誰でしょうか?
また、ブログを読まれている方の中には、大切な人と離れるような経験をされた方もいるかも知れません。
その時のことを振り返り、あのときもっとこういう話をしたかったな。と思うことはありませんか?
ACP(アドバンス・ケア・プランニング)とは、「もしもの時に備えて、自分自身が元気なうちに、自分の家族や親しい人と、これからのことについて話合いを行うプロセスのこと」をいいます。
はじめの質問のような内容から、具体的な治療内容についてなど、話合う内容はとても広いものとなりますが、難しく考えずどんな内容でもいいのです。
また、人の思いや考えは、その時の精神状態や健康状態に大きく左右され、変化することが当たり前です。
日々の夜ご飯を決めるだけでも、何にしようかな?と迷うのに、自分や家族のこれからのことを1回話して決めた!とはなかなかできないですよね。
そう、何かが起こってから、話合いで答えを出すことは難しいのです。
自分達が元気で健康、いいかえればなんとなく日々を過ごしているうちから、将来に向けて、本人を尊重した意思決定ができることを目的として何度も繰り返し話合いを行うことが大事!ということをACPを通して伝えたいのです。

4、5年前から厚生労働省が力を入れて国を挙げて取り組みを強化しているので、厚生労働省のホームページからも情報が得られます(^^)
また、病院にいくとあちこちでACPのポスターを見かけることもあるのではないでしょうか?
当院でもオリジナルのパンフレットを作成し、患者様や家族様へ紹介させていただいています。
心臓センターではACPの取り組みの一貫として、カテーテル目的で入院された方に対して、退院時にパンフレットを用いてACPの説明・紹介を行い、患者様にとっての自分らしさやこれからの人生計画を伺っています。
あなたも、身近な人とACPをぜひ行ってみて下さい!
もっと知りたいと思った人は心臓センターでぜひ一緒に実践していきましょう!

関連記事

  1. 心臓センター看護師~コロナ禍での新人教育について~

  2. 心臓センター師長~部署目標「ケアリング」について~

  3. 心臓センタークラーク~副主任としての役割~

  4. 心臓センター3年目看護師~実地指導者として心掛けていること~…

  5. 心臓センター1年目看護師~自身の取り組み~

  6. 心臓センター1年目看護師~入職から半年が経過し~

アーカイブ

最近の記事

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031