心臓センタークラーク~コミュニケーションを大切にしています~

こんにちは。
心臓センターのクラークです。
10月になり暑さも和らぎ、過ごしやすい季節になりましたね。
季節の変わり目は体調を崩しやすいと言いますので今まで以上に手洗いや感染対策を行っていこうと思います!

さて今回は病棟クラークの業務内容を紹介したいと思います。
病棟クラークは入院迎え、翌日の検査の案内やカテーテル治療を受けられる方の案内など患者様と関わる機会が多くあります。
心臓センターは循環器内科病棟で主に心臓のカテーテル検査や治療を受けられる患者様が多いため、カテーテル前のオリエンテーション、当日のカテーテルの出棟や術後のベッド作成などもクラークの仕事として確立しています。
術前の不安が少しでも減るように、オリエンテーションではわかりやすく丁寧な説明を心がけています。

クラークはケアや業務が多岐に渡る看護師さんを支える仕事でもあるので看護師さんとのコミュニケーションも大切にしています。
クラークでできることは積極的に行い少しでも働きやすい環境になるように務めていきたいと思っています。
患者様や一緒に働いているスタッフから「ありがとう」「クラークさんがいてくれて助かった」などの声をかけてもらうと仕事のやりがいを感じます。
これからも丁寧な対応や笑顔を心がけて患者様やスタッフと関わっていきたいと思います。