新卒者育成計画~看取りのケアの学び エンゼルメイクの重要性~

4月から入職し、6ヶ月目になったICUの新人男性看護師です。
今回は、9月のラダーⅠ研修でエンゼルケアという息を引き取られた方に施す化粧の仕方を学びました。
僕は、化粧をしたことも無ければされた事も無く、化粧品に触れるのも初めての体験でした。
初めは、化粧品の扱い方が分からず戸惑いましたが、同期の看護師の顔に化粧を練習することで、徐々に化粧品の扱いにも慣れ、血色が良く見えるエンゼルメイクを施すことが出来ました。
また、息を引き取られた方の家族が顔を見られた際、少しでも生前のイメージに近い穏やかな表情をみられることでグリーフケア、家族の死の受容に繋がる事を指導頂きエンゼルメイクの重要性を知る事が出来ました。
研修では、死後の経過を学び拘縮などの理由から適切な手順で各ケアや処置・姿勢の保持を行う必要性を学ぶ事が出来たので、自分が処置を行う際、適切な手順で行う事が出来るよう振り返りと、復習を行おうと思います。
入職して、エンゼルケアに数回入らせていただいた際、自分から実施させて頂きたいと発信することが出来なかったため、今回の研修を活かし自分からエンゼルケアが行えるよう発信していきたいと思います。