病棟部門

HOME>部署紹介>病棟部門

病棟部門Ward Division

※クリックするとタブが切り替わります。

集中治療室(ICU)心臓センター/CCU3階病棟4階病棟5階病棟

〇 集中治療室(ICU)

当院のICUは最新設備が整う環境の中で7床のベッドをもち、主に心臓血管手術後、急性冠動脈疾患の患者さまの治療・看護を行っています。
最先端の医療機器の取り扱いを熟知し、医師、臨床工学技士、理学療法士と連携を図り、チーム医療による治療・看護を提供しています。
医療機器や薬剤に頼るだけでなくICU看護師として患者・家族に関わり、看護の力が最大限に発揮できるように努めると共に、不安やストレスが緩和できるように精神面への支援も大切にしています。
詳しくみる

〇 心臓センター/CCU

心臓センターでは、心臓カテーテル検査から術後、重症心疾患などの患者様の看護を行っています。
H29年9月からはCCU4床が新たに稼働し、自己研鑽に努めながら、患者様ひとりひとりにより良い看護を実践することを目指しています。
詳しくみる

〇 3階病棟

3階病棟は超急性期を脱した虚血性心疾患、不整脈に対するカテーテルアブレーション治療やペースメーカーの植込み術、下肢動脈閉塞に対するカテーテル治療を受けられる患者さまに対して看護実践をおこなっています。
また、慢性期では、急性増悪と寛解を繰り返す心不全の患者さまと家族に対して、継続的に関わり、カンファレンスをおこないながら個別性を考慮した看護を提供しています。
詳しくみる

〇 4階病棟

4階病棟は心臓血管外科と消化器外科の混合病棟です。
術前術後を通して急性期から回復期の患者さま、集中治療室から急性期を脱した患者さまの看護を中心に実践しています。
また化学療法からターミナル期における患者さまの身体的・精神的苦痛緩和とともに家族ケアを含めた終末期看護にも力を注いでいます。
詳しくみる

〇 5階病棟

療養病棟とは
急性期病棟での治療が終了し、病状が安定していても家庭に戻るには不安が残る場合があります。療養病棟では、そのような患者さんに対して看護・介護およびリハビリテーションを継続して行います。また、自宅で安心して過ごすことができるように患者・家族、ケアマネージャー等で話し合いの場を持ち生活環境を整える支援を行います。
詳しくみる