中央部門

HOME>部署紹介>中央部門

中央部門Central Division

※クリックするとタブが切り替わります。

外来診療救急外来(ER)/心臓カテーテル手術室看護助手クラーク救急救命士(EMT)

〇 外来診療

外来部門は大きく分けて、診療・内視鏡・化学療法の3チームで運営しています。

診療チーム:当院の専門分野である循環器内科や心臓血管外科において、心疾患を抱える患者さまの問診を丁寧に行うことで状態を的確に判断し、患者さまの状況に合わせた診療が円滑に行えるように医師やERとの連携を行っています。

内視鏡チーム:胃カメラや大腸カメラを実施しています。検査の実施にあたり検査説明を詳しく行う事で患者さまが不安や疑問なく検査や治療を受けられるように取り組んでいます。

化学療法チーム:化学療法を受ける患者さまの不安や緊張を軽減できるように寄り添い、患者さまが納得した治療の継続ができるように取り組んでいます。

詳しくみる

〇 救急外来(ER)/心臓カテーテル

救急外来(ER)では循環器疾患を主とする救急患者さまを24時間365日受け入れています。循環器疾患は緊急性が高いことが多く、特にカテーテル治療を必要とする場合は医師やコメディカルスタッフと連携し、速やかな対応を行っています。
治療を受ける患者さまに対しては、心臓カテーテル検査・治療に関わる看護師が病棟看護師と連携し、術前・術後看護に携わっています。
詳しくみる

〇 手術室

手術室では、心臓血管外科、消化器外科、形成外科の手術看護を実践しています。
主な術式として、心臓血管外科では人工心肺下での胸部大動脈人工血管置換術、弁置換術、冠動脈バイパス術、および胸部・腹部大動脈のステントグラフト内挿術等、多岐にわたる心臓手術をおこなっています。消化器外科は、腹腔鏡下での胆嚢摘出術、鼠径ヘルニア修復術、胃切除術、大腸切除術を、形成外科は、眼瞼下垂症手術、瘢痕拘縮形成術をおこなっています。

看護の特徴としては、心臓血管外科手術看護が主であるというところです。手術看護において心臓血管外科手術看護は、器械出し看護、外回り看護共に最も難易度が高いとされています。難易度の高い看護であっても、循環器専門の病院というプライドをもって、高度な技術が提供できるよう日々自己研鑽につとめています。

手術室看護師による術前術後訪問をとおして、「自分や自分の家族が安心して受けられる手術室」をいつも念頭におき、スタッフ一丸となって患者さま個々のニーズに応じた周手術期看護を目指しております。

詳しくみる

〇 看護助手

<急性期病棟>
看護助手のお仕事は、優しい気持ち、思いやりの心を持ってする仕事です。看護師の仕事の中でも、医療行為を行わずできる看護師のサポーター役です。働きながら医療現場で、様々なステップアップを目指すのに良い仕事です。これから看護師を目指される方にも、良い経験だと思います。病棟では、患者さまの入院生活すべての面に関わります。 診察の補助や、移動の介助、食事の用意や、入浴介助、などもさせて頂きます。患者さまから「いつも助かるわ」「ありがとう」と感謝の言葉をかけてもらう度 本当に嬉しく、自然と笑顔がでます。本当にやりがいのある仕事だと心から思っています。

<療養型病棟>
看護師と協働して食事・排泄・清潔をはじめとする様々な生活援助を担当しています。
寝たきりの方や車椅子生活の方など、個々のニーズに合わせた援助を安全かつ安楽に留意して提供していけるよう日々心がけています。清潔や排泄援助を通して皮膚の状態観察だけでなく、介助方法の工夫を行い、また、ポジショニングや除圧の知識を獲得して褥瘡発生予防にも貢献しています。日々の生活援助がリハビリとなり、患者様の日常生活動作が維持・向上していけるよう努めています。定期的にリハビリも兼ねたレクリエーションを行い、毎回好評です。看護師と行うカンファレンスで情報共有を行い、統一した質の高いケアを提供できるよう取り組んでいます。

〇 クラーク

私たち病棟クラークは、特殊領域を含む全部署へ配置されており、病棟での医療・看護に関わる事務作業が主として、様々な業務を行っています。
また他部署への応援体制を図っており、現在は、クラークが業務習得できるように教育・指導も行っています。
このほかに、患者指導のクラークを設けており、カテーテルや下肢静脈瘤レーザーの治療を受けられる患者さまへ術前・術後のオリエンテーションを行っています。

病棟クラークは医師、看護師など他職種の方と多く関わります。より良い信頼関係が築けるように業務に務めていきたいと思います。

〇 救急救命士(EMT)

当院では救急救命士が24時間常駐しています。病院内における私たちの役割は、救急外来での患者さまの対応はもちろんのこと、院内急変時には現場へ駆けつけ、心臓マッサージなどの救命処置を行うことです。また、医療サービスの向上のため、他職種と連携・協働して業務に取り組んでいます。
さらには院内教育としてBLS・ACLS研修での指導的役割を担い、蘇生技術の向上に貢献しています。今後も患者さまが安心して治療を受けられるように努力していきたいと思います。